ネット婚活成功への道

メール交換アドバイス・男性編

ファーストメール

ファーストメール編でも触れましたが、ファーストメールは出来るだけ自分の言葉で送りましょう。
必ず相手のプロフィールの核となる部分に触れ、自分と似てる箇所、趣味や興味がある事など織り交ぜながら、高圧的にならず、短文・長文になり過ぎず送ってみましょう。
女性は細かい事にも気付きやすいですのでコピペのメールは控えておきましょう。コピペで送ってはないのに勘違いされる事もしばしばあります。


写真掲載願い

写真を見せてと、ファーストメール、セカンドメールで伝えるのは止めましょう。
顔で判断する人なんだなと嫌悪されますので、会う約束や連絡先の交換の話が出たら伝えましょう。
自身が写真を掲載してるからと言って強要する事はNGです。
男性も女性も不安な気持ちは互いにありますが、ここは男性が一歩引いて女性優先でお話をしましょう。
女性優先だからと言って、言葉は悪いですが調子に乗ってくる女性も居ます。そんな時は声を荒げず丁寧にお断りしましょう。
会う前に本性が知れて良い事もあります。


メール内容

メール内容については自分の話だけを長々と書くのは止めましょう。
話したい事の6割程度にしておきましょう。
女性は話をする事には長けてますが、聞く事には不慣れな女性が多く見受けられます。
6割程度で話をし、話に興味を持ってくれたら会話を続けてみましょう。
基本的に女性に話を聞いてもらうと言う立場ではなく、話を聞いてあげると言う立場で接すると良いでしょう。バランスが大事です。
また、次メールをもらえるきっかけを作る為にメール文の最後には必ず何か質問を添えましょう。


連絡先交換

連絡先交換でも触れましたが、補足として追記します。
連絡先の交換は早からず、遅からず、写真と同様にファーストメール、セカンドメールで連絡先の交換を強要する事は避けましょう。
業者なのではないか?手馴れてるな、手当たりしだい交換してるんだなと思われてしまいます。
またダラダラと会話してるだけですと、私に気がないのかな?メル友は要らない。他の男性会員に取られてしまう。などの恐れがあります。
人それぞれの感覚なので、ここは本当に難しい所です。
相手がどんなタイプの人間なのかアンテナを張り巡らせ、洞察していく必要があります。
始めから上手く行く事はないです。
色んな相手と会話をし、相手がどんなタイプの人間なのか判断できる力を付けましょう。


出来る限りの証明書を提出しましょう。

婚活をしている女性はなんらかの嫌な男性経験をしてる人が多いです。
少しでも安心・信用させる為に多数証明書が申請出来る婚活・出会いサイトに登録してるなら、出来る限りの証明書を提出しましょう。

メール交換アドバイス・女性編 詳しくはコチラ